スポンサードリンク
スポンサードリンク

軽自動車の寸法

軽自動車のサイズは、道路運送車両法の施工規則に定められています。それぞれ各寸法をみていきますと まず長さは3.40メートル以下になります。幅は1.48メートル以下、高さの方は2.00メートル以下と定められています。 ちなみに私もホンダの軽自動車、バモスという1ボックスタイプのクルマに乗っていますが、車検証でそれぞれの 寸法をみますと、長さが3.39メートル、幅が1.47メートル、高さが1.75メートルと記載されています。 以前は4駆のクロカン車に乗っていたのですが、ガソリン代の高騰で経費節減のためにバモスに乗り換えたのですが いろいろな面でとても満足しています。

スポンサードリンク

軽自動車のメリット

軽自動車のメリットは色々ありますが、なんといっても最大のメリットは経済性です。まず軽自動車は燃費が良いです。 最近では、軽自動車より燃費の良い普通自動車、ホンダのフィット、トヨタのビッツ、マツダのデミオなどの コンパクトカーが出回っていますが・・・それと、税金関系も普通自動車に比べると格段に安くなっています。 毎年かかる軽自動車税ですが、乗用タイプで7200円、貨物タイプで4000円と格安です。ちなみに、 普通自動車の場合、1000cc以下でも29500円かかりますので、軽自動車税がいかに安いことか! 軽自動車の車検も6万円〜8万円程度で、普通車に比べるとかなりお安くできます。 家では、家族4人でクルマに乗っていますが、自分とかみさん、次男3人が軽自動車に乗っています。 長男がホンダのフィットに乗っているのですが、3人分の軽自動車税の方が安い計算になります♪ また、諸々の手続きも簡素です。名義変更もシンプルだし、車庫証明も不要です。(但し目安として 人口が10万人以上の自治体では届出の必要があります)ただし、自賠責保険は普通自動車と比較しても それほど大きなメリットはないです。反対に軽自動車のディメリットですが、普通車に比べるとやはり 鋼板が厚くないため、ボディ剛性が弱いといえます。

軽自動車のランキング

軽自動車の代表的なメーカーは、スズキ、ダイハツ、ホンダです。各メーカーの代表的な車種を挙げますと スズキはなんといってもワゴンRです。ワゴンRは1993年に登場以来、不動の人気を誇っているクルマで 各メーカーの軽自動車寸法の規範となりました。軽自動車の最大の弱点は居住性ですが、 ワゴンRは、高さを出すことで軽自動車の狭さを改革したモデルで発売以来、大ヒットになりました。 ダイハツはその後すぐに対抗するモデルとして1995年にムーブを発売します。さらにその2年後には、 ホンダがライフを発売し、軽自動車ランキングの御三家といっていいでしょう。軽自動車の中古車ですが、 やはり需要と供給のバランスから、高人気を持続しているので割高の傾向があります。

軽自動車の寸法